第14回インターナショナル・クラブ・ミーティング

2007 ウィーン

"Rebecca"
(レベッカ)

今年のテーマは「スーツケースに荷物を詰めて背負ってウィーンへ!」


今年のモットーは、ミュージカル"Rebecca(レ ベッカ)"に相応しく、ぴったりなものが 選ばれました。
"Wir sind Britisch(我ら英国人) "  またはちょっと変わって"Very British(とっ ても英国風)"。

もちろん、この6月9日のためにまたもやいくつかのイベントを計画しておきました。



開演前には劇場内でサイン会が行われ、沢山の会員達がその機会を利用して自分達の"スター”とちょっと言葉を交わしたり、プレゼントを渡したりしました。

VBWのミュージカルクラブ からお申し出頂いた「ライムント劇場バックステージツ アー」に参加した人達は、間近で舞台装置等を見る事が出来ました。本当に貴重な体験です。



その後の公演では、客席内のムードは当然再び高揚し、ショーストップあり、スタンディング・オヴェーションや全キャストとオーケストラへのお約束の花束も ありました。

        


引き続き、約230名のクラブ・ミーティング参加者達は「ホテルまで歩きましょう!」ということで、ウィーンの街を何人かのスコットランド人、学生、アス コット・レディ、召使い達が行進する様が見られました。当然、ちょっとした注目を浴びました。




会場のホテル・ヴィンベルガーでは皆でお祝いのシャンパンと共に挨拶を交わしました。
今年は沢山のテーブル席が会場内に設けられ、この夜を楽しみます。





主賓(ウーヴェ)は参加 者達をそれほど待たせずに、Wietske van Tongeren(ウィーツケ・ファン・トンゲレン=「私」役)とKerstin Ibald(ケァ スティン・イバルト=この日の夜公演ではダンヴァース夫人役)を伴ってやってきました。
モットーに合わせて、ウーヴェは洒落た膝丈のパンツ、自ら書き込みをした白いジャケットに白いスニーカーを着用しておりました。
 



ウーヴェからファンへの簡単な挨拶の後ビュッフェ解禁となり、彼は前方のテーブル席に着きました。
それぞれに何か好みの物があり、ビュッフェは満ち足りていました。




食事の間、ウーヴェは各テーブルをまわり、ちょっとずつファン達と歓談したり、扮装に感心したり していました。






 
日本からやって来た会員達もモットーに合わせた衣装を着ていました。
 







引き続いて、ウーヴェはこの夜に合った数曲のジェームズ・ボンド・ソングでファンを感動させ、その後、彼の白いジャケットを、最高齢のファンクラブ会員に プレゼントしました。

 

それからパーティーのアナウンスがなされ、ウーヴェによってダンスフロアが開放されました。繰り返して言うまでもなく、既に至る所ではじけて踊っている沢 山の参加者達を見る事ができました。

 

結局のと ころ、またしても上出来だったこの日のパーティーは深夜遅くまで続けられました。

Page Top

inserted by FC2 system